妊娠線クリームお役立ち情報をお届け

高い妊娠線クリームを買ったけど、思ったほど効果が感じられなかった、
というお母さんも多いのではないでしょうか。
かといって、レーザー手術などで妊娠線を消そうと思ったら、かなりの高額は覚悟しなければいけません。

 

そんな方は、口コミで人気の妊娠線クリームを試してみてはいかがでしょうか。
間違った使い方をして、効果が感じられない、という人がいるかもしれません。

・まだ数日しか使っていない

 

・使う時にマッサージをしていない

 

・妊娠線が古すぎて、奥深く刻み込まれている

 

ひょっとして、これらに該当していないでしょうか。

 

妊娠線クリームの大半は、ビタミンC誘導体、繊維芽細胞を活性化してくれるEGF、
独自のオーガニック成分により、高い浸透力で、確実に妊娠線を薄くしてくれます。

 

例えば、ノコアという商品の口コミを見ると、

 

「伸びも臭いもいいし、すごく使い易い」

 

「諦めていた妊娠線がほとんど目立たくなって本当に嬉しい」

 

「使った後のしっとり感がすごい! 臭いもいいし美白効果もあるように感じる」

 

「病院にいって、レーザーするか迷っていたんですが、先に知れて本当に良かった」

 

 

といった、高い効果を感じてる方が多いようです。
他の妊娠線クリームを試してみて、諦めていた人も、最後にぜひ使ってみてくださいね。

 

モンドセレクション金賞を受賞しており、コスメ口コミサイトでも、かなり高い評価を獲得しているので、
きっと満足することでしょう。

妊娠線予防のスタート時期

妊娠線は一度できたらなかなか消えないという話を聞くと、絶対に作ってなるものかと思うと思います。
しかしそのためには、妊娠線の予防対策をいつから開始したらいいのか、
それをちゃんとわかっていなくては始まりません。

 

妊娠線を強く意識するのはお腹が大きくなりだす頃ですが、
万全を期すのであれば、より早いタイミングからのケアが効果があります。

 

 

普通、妊娠すると体調の変化がいろいろと出てきますので、
お腹が大きくなる前には妊娠したことがわかります。
一般的にお腹が出てくるのは、妊娠4〜5か月くらいの時期です。

 

このタイミングで妊娠線のケアを始める人が多いのですが、
妊娠線のケアは日常的に取り組む習慣にすることが大切ですから、
理想的には、この時点ですでにケアの習慣が完成していることが望ましいです。

 

 

徹底したケアをしていこうと考えるのなら、
妊娠がわかったタイミングから予防対策を始めても良いくらいなのです。

 

その予防対策というのは、基本的に乾燥対策や保湿が中心なので、
何も特別なことではなく、妊娠線以外にも美容に恩恵のあることですから、
早く始めても損は何もなく、より肌に良い生活習慣を作ることにもつながります。

 

 

また、季節的に冬場は乾燥が特に強いので、妊娠線ができやすいと言われています。
お腹の大きくなる妊娠後期がこの時期に入っていると、
その分妊娠線の発生リスクが高くなりますので、事前に入念な準備が必要になります。

 

時期や程度はこうだ、と妊娠線ケアのスタートは決定版があるのではなく、
それぞれの状況によって変わってきますが、早く長くケアするのが一番です。

 

 

肌が乾燥によって裂ける、ひび割れやあかぎれの程度がひどい人は、
そのような肌の性質であるといえますので、妊娠線についても一層注意しましょう。

 

妊娠線に対する予防ケアは、対象が全身になりますし、また期間も長いので、
どうしても継続するのにある程度の根気とお金が必要になります。

 

 

ですから、長くすることが必ずしも良い結果を出すとは限らないので、
自分の性格や体質、お財布と相談しながら、計画をしっかり立てて行うことが大切です。

 

また、長続きさせるためには周囲の協力や環境づくりも不可欠ですので、
友達を作ったり、またご家族の協力も受けて楽しくケアできる環境を作りましょう。

妊娠線予防のマッサージ

やっかいな妊娠線に効果のある予防やケアの中で、人気があって手軽な方法のひとつがマッサージです。

 

妊娠線というのは、妊娠線に伴って表皮が伸びるスピードに
真皮と皮下脂肪がついていけずに割れてしまった状態を言います。
ですから、この真皮や皮下脂肪の伸びが良い状態を作っておくと妊娠線は出にくくなると言えるわけです。

 

マッサージは、そういう状態を作ることに効果がありますし、
クリームやオイルなどを併用すると一層の効果を発揮します。

 

 

全ての部位でマッサージは有効ですが、注意点として覚えておいてもらいたいのは、
部位に関わらず、優しく撫でるという事を徹底意識することです。
肩こりなどの筋肉のマッサージとは種類が違いますので、
力を加えてツボを刺激するようなマッサージではありません。

 

妊娠線対策でマッサージを行うということは、
妊娠線が出来そうな部分に軽い刺激を与えて普段から伸ばしていくという事です。
普段からストレッチしていると体が柔らかくなるように、
皮膚も普段から少しずつストレッチしていると柔らかくなって伸びがよくなります。

 

 

また、付近の血行が改善されるので、
肌のターンオーバーが活発になって健康的な肌が生成されていくようになります。
特に副作用やデメリットはありませんから、つわりが治まって楽になってきたら、早速始めてみると良いでしょう。

 

皮膚が伸び始める前の段階からマッサージを始めておくと、
マッサージによって肌を事前に柔らかい状態に作っておけますので、
肌の伸縮性が向上して割れにくい肌になっていきます。

 

 

 

マッサージは、妊娠線がでそうな場所に対して行います。
クリームやオイルなどを使用することで、指と皮膚による摩擦を軽くし、肌に優しくマッサージを進めることができます。
指や手のひらを皮膚の上で滑らせるようにマッサージしましょう。
あくまで、優しく撫でるようにという力加減です。

 

乳房へのマッサージは、中心に向かっていく意識で。
乳房の上部の場合は、下へ向かって撫でていくように、そして下部なら、圧力がなるべくかからないよう、
手のひら全体で優しく上に持ち上げるようにマッサージをします。

 

対して、お腹のマッサージは、中心から外へ円を描くようにします。
お腹は特に面積も広く、敏感になっていますから力加減に注意してください。

 

お尻・太ももは、それぞれ下から上へ持ち上げる感覚でマッサージします。
脂肪や肉が多い部分ですが、だからと言って強く雑にしないよう気をつけましょう。

 

 

最後に注意点ですが、体質や体調により、こうしたマッサージをしている中で、
お腹が張ってしまう場合があります。
この時は、すぐにマッサージを中止して休憩し、
張りが消えない場合は担当の医師に早めに相談するようにしましょう。

妊娠線予防の食事のポイント

妊娠線のできるできないを左右する大きな要因のひとつは、肌の状態です。
肌の状態とは、外から目で見える状態もありますが、目には見えない肌の細かな状態も含まれています。

 

妊娠線ができにくい肌の状態とは、潤いが十分で、弾力のある状態です。
こうした肌は、外側をきれいにするだけではダメで、
内側から健康的で潤いのある細胞が作られていなければなりません。

 

ですから、こうした肌を作っていくためには身体の内側から、
もっと言えば身体を作る食事から見直さなければならないのです。
では、どういう観点で食事を見直すべきか、以下にまとめてみます。

 

【栄養】

妊娠したら、赤ちゃんの分も栄養が要りますから、
もちろん栄養をたくさん摂らなければなりません。

 

最近は病院でも体重管理に気をつけるように指導がされています。
これは太りすぎから妊婦特有の病気が発生するケースが多いからです。

 

 

しかし、今度は体重管理を意識しすぎて、栄養状態が悪くなる方もいるそうです。
妊娠中に、母親の食生活が偏ってしまうと、生まれてきた赤ちゃんに先天性の障害が出てしまったり、
低出生体重児になりやすいというデータもあるそうですから注意が必要です。

 

 

当たり前のことですが、栄養バランスには十分気をつけなければなりません。
その上で、体重の増え過ぎにならないよう、メニューや食べる頻度を調節します。

 

理想的には、野菜をしっかり食べ、魚や海草類などで
ビタミンやミネラルをしっかり摂ることができる和食が中心になると良いですね。
あと、葉酸が妊婦は不足しやすいので意識して摂りましょう。

 

妊娠線を予防する以前に、妊婦として出産という大仕事を全うすることが最も大切ですから、
そのために必要な栄養補給は必ず行いましょう。

 

 

【肌の柔軟性を意識】

妊娠線を内側からケアしていくということは、お肌を柔らかくするということ。
そのためには、良質なタンパク質が有効で、お肌を作る材料になってくれます。

 

太り過ぎはよくありませんし、一方でタンパク質はしっかり摂りたいので、
肉は脂身を避けるようにして、摂取カロリーを抑えます。

 

 

できれば、野菜を多くし、タンパク質は魚や大豆などのタンパク源を増やすことができると良いですね。

 

ごま油やオリーブオイルなど、油脂類も良質なものを増やすと血流もよくなり、
ターンオーバーを正常に促してくれます。

 

 

【体重管理】

体重管理は安産のためにも妊娠線予防のためにも重要です。

 

体型にもよりますが、一般的に、妊娠前から出産までは、
7〜10kg程度体重が増えるなら正常範囲だと言われています。

 

妊娠中は、同じペースで体重が増えるのではなく、
特に中期〜後期にかけてグッと赤ちゃんが成長しますし、
胎盤も大きくなり羊水の量も多くなっていきます。

 

それに伴って体重もその頃に急上昇します。

 

 

ですから、妊娠初期から、体重が増えるのは構わないと呑気に構えていると、
後で大変なことになります。

 

 

病院で赤ちゃんの大きさ、体重などもおおよそ教えてもらえますので、
その成長ペースと自分の体重増加が同じく進んでいるのか、
自分だけが先走っていないか、よく注意するようにしましょう。

 

安産のためにも妊娠線予防のためにも、
食事も食べすぎに注意し、また運動もしっかり行い、
体重が適正範囲の増加におさまるようにコントロールしていきましょう。